現在のページ : トップページ

CADスキルで転職を

一定年齢を過ぎての転職ともなれば、いずれの募集先企業も「即戦力求む」が大前提となって当然です。
いわゆる「可能性を感じさせる原石をゼロから育成する」時間も計らいも期待薄であり、そうした際の武器となるプラスアルファが求められます。
一昔前までは履歴書上に明記出来る「資格」が武器となるケースも多々見られ、多くの資格をゲリラ的に取得しようとする人達をターゲットにした商法も数多く見受けられました。

ですが更に時代は進み、今日は紙面上の資格よりもむしろ、実際に活かせるスキルを有する人材を最も評価する傾向に拍車が掛かっている事は、否定出来ない事実です。
「私は以前勉強して、これこれに合格しました」だけでは説得力は不十分であり、今日は「私はこんなスキルを有しており、御社にとっての即戦力となれます」が求められているのです。
こうしたスキルに該当する特技は数々挙げられますが、現時点は勿論の事、今後も大袈裟で無く「引く手あまた」と言えるのがCADスキルなのです。
実際に中途採用情報をチェックしてみても、常に多くの大手企業を始めとする幅広い業種が「CADスキル求む」と優秀な人材確保に大きな力を注いでいます。

CADスキルを有する方々にとって、転職は自らのスキルアップの実現のみならず、収入面ややりがいなど、数多くの視点からより自身が理想とする職場環境への転職が期待出来る環境が整っています。
勿論転職は人生の大きな分岐点であり、思いつきや一時の感情だけで衝動的に踏み切るべき行為ではありませんが、冷静に「自身に追い風が吹いている」現状を把握しておいて損はありません。